top of page

秋の夜にオススメの一冊

私は基本、本を読むのが好きでして、Eブックには関心なし。

本の装丁や気になる箇所に付箋を貼る、時にはマーカーで印など、紙ならではの楽しみ方をしています。

この秋、超オススメの一冊が、私が尊敬する女性。お会いする際はドキドキするし、キャーキャーと飛びつきたくなり、はやる気持ちを抑えるのが大変な『岩村暢子さん』の新刊

『ぼっちな食卓』中央公論社

かねてより、岩村さんは、同一家族を定点観測、

89年件の食卓の20年観察し続けた追跡調査の結果を書いた本です。

その追跡調査の結果は、実に気分の悪い内容の連続で、途中、来てるシャツを割きたくなったり、

小峠の如く『なんてこったぁー』と叫びたくなるほど、ムカつく内容でした。


子供のいる家庭ですら、食事はバラバラ、

ダイニングテーブルのない家庭がふえている現実は

過激論者の半分作り話しだろうーなんて思っていた私。

それが、この本によるとほぼ現実の話であるということに、言葉にならないショック。


そもそも、岩村さんからずっと前に

『料理をしないんだよ、みんな、だから、後何年かで、料理は趣味のひとつになるからね。活け花、

お茶、ダンス、料理ってね』と言われた時、

そんなわけはない、料理が下手かもしれないけど、しない人は生きていけない、何かしらやってるはず。

と思い直し、コツコツと料理を教えてきた私。


教室に来る生徒たちは、素直で、前向きに少しずつでも料理を楽しんでいる様に見えていた。

その姿は、本に登場する家族とはちがうと信じている。


家庭崩壊していくには、ある種のルールも見つけることができます。

家族で囲む食卓のない家。

食事はそれぞれの好きなものを自由に選べるものを、食べ方も、食べる時間も個人の自由を尊重している家庭。


この『自由』という言葉は、本来の意味とは大きく変わっている様に思う。

『個性の尊重』も同じ。


家族にはルールがあって良い、ルールを破ると叱られて当然❗️

それをパワハラや押し付けなどとくくってはいけないのよ。

小さい頃から個性を尊重し、自由に生きてきた子供や大人が20年後どうなっているのか?

ホラー映画より背筋凍ります。


余り、語りすぎては皆さんに良くないのですが。

家族で食卓を囲み、躾に厳しかった家庭の20年後のすがたに、やっと、私は救われました。


本を読み終えて、岩村さんにメール。


私、これからもどう思われようとも、料理の大切さを伝えていきます!と。

閲覧数:197回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ホールーフード基礎コースのススメ

私の尊敬する大先輩、『ぼっちな食卓』の著者岩村暢子さんに過去、何度となく聞かれた質問 『タカコさん、何故料理を教えてるの?』 未だに、答えていない私。 『お金が儲かる』からだけは絶対ない。 料理が好きだからとか?世の中のためになるから? 食育活動?違うんだよねー。 割烹料理店に生まれ育った私、死んでもこの仕事を継ぐのは嫌だった。 常に板場さんや中居さんと暮らし、家庭の食卓もなく、調理場の片隅で店が

旅の学校〜埼玉県と高崎市

『農的暮らし』を私はする事が理想です。 農的暮らしとは? お天道様と共に暮らします。 夜明けと共に起き、畑に行く。朝ごはんを食べて、 山や森を眺めてコーヒーを飲んで、読書。ゆっくり畑へ行き、お昼まで野良仕事。 黄昏の時間。 いい音楽とクラフトビール。くいっ。 ゆっくりと、季節の野菜の前菜からのその日の料理に合わせた酒と音楽を楽しむ。 風呂に入って10時に床につく。 これが農的暮らし。農業が暮らしの

コピー: ホンモノによるホンモノのためのホンモノ出汁取り

世の中には、『ホンモノ』と『なんちゃって』に分かれると思う。 今は『なんちゃって』が受ける時代。それは、なんちゃっては、ホンモノのコピーだから、安いし、軽いし、薄っぺらぺら。 でも、それが『なんちゃって』好きにはちょうど良いらしい。 私は、常に、一流を目指してきた。すまん、まだ一流ではないのだが、目指すのは一流。 だから妥協もないし、料理とて、王道はないと思っている。 何かを習うならば、ホンモノの

Comments


bottom of page