top of page

名 称:ところてん

原材料:天草(国産)、三杯酢[本醸造醤油(大豆・小麦を含む)、米酢、みりん、昆布、鰹削り節(本節)]、七味唐辛子(たかのつめ、白ごま、山椒、青のり、おのみ、青紫蘇、黒胡麻)

内容量:ところてん150g つゆ25g

保存方法:常温で保存

製造者:大野屋商店

※常温でお届けします。冷蔵庫で冷やしてお召し上がりください。

 

よっちゃんの店の夏の名物が「心太」です。

 

正倉院の書物に「心太」と記されていたという程、古い日本の伝統食材です。

 

江戸時代、心太は庶民のおやつとして人気がありました。

冷蔵庫も冷凍庫もない時代、カラダの熱をとる食養生素材として「心太」が使われてきました。

東北・関東では酢醤油で食べるのが主流ですが、関西では黒蜜をかけて食べます。

葛切りと間違えているんじゃないのかな~と思うのですが。

 

私は、酢醤油派。

よっちゃんの心太には、京都の無添加・三倍酢と京の七味がちゃんと付いています。

よっちゃんの製品のおまけの調味料は全て無添加。

しかも、それを自慢しないのがよっちゃんの美学。

ミニフォークまで添えてあるので、行楽や飲み屋の帰りにも便利ったらありません。

心太こそ、素材の味と職人の技のみの結晶です。

太さと硬さ、微妙に違います。

よっちゃんの心太、バランスが素晴らしいのです。

心太も寒天も原料はテングサ。

よっちゃん曰く、心太もそのまま食べるのではなく、中華サラダや冷麺や冷製パスタとして使うと、うんとバリエーションが広がりますね。

大野屋 源太郎ところてん150g(三杯酢付)

¥270価格
消費税込み
  • 直射日光を避け常温で保存

bottom of page