top of page

満月の日に配信するとびっきりの動画

私たちホールフード協会事務局は、協会員さん向けに、毎月満月の日にホールフードな活動をされている方を取材させていただき、そのインタビューを動画配信しております。

今月は8月31日です。

出演は上野宗則さん。山口県下関市の郊外に3000ヘクタールの畑の真ん中に古民家を改築『ゆっくり小学校』を作り、さまざまなセミナーや展示会などを行なわれています。

古い家屋ってなぜ、のんびりするんだろ?

上野さんは、東京でバリキャラで、編集者として腕を振るっておられました。

お父様の死をきっかけに山口県へ移住。


上野さんは、新しい死化粧のメソッド『エンゼルメイク』の化粧品も開発販売されています。

そんなことから、全国的各地で、『デスカフェ』つまり、死にカフェ?も開催されています。

愛する人を亡くした人のここらの隙間を埋めてくどさるのか?

私も興味あります。

何故なら、福岡県福津市で15年前に『海のイスキア』として、福岡校の事務局安武千恵さんの夫、信吾さんを中心として、同じように家族を亡くした人たちと、話し、癒しの活動を手伝っていたことがあるからです。


上野さん、おしゃれです。

かわいい。自然体で生きておられます。


私たちが福岡校基礎コースで毎月お邪魔している福津市にも、『津屋崎ブランチ』というのがあり、その代表山口覚さんは、知る人ぞ知る地域おこしのプロ。

山口さんを慕い、全国各地から福津市に移住する人も多々。


東京で仕事をしていた山口さんは、福津市の出身ではない。

ある日、何処に住むか?何処に暮らすかは、

とても大切な選択だと思ったそうです。

そして、各地を巡り、ここに住みたいと思ったのが福津市だったそうです。


私は故郷が嫌いで、大学から脱出。

京都に暮らし、東京へ。

もう人生の大半を大都市東京で暮らしている。

死ぬまで住みたい?この街に?


いいえ、です。


東京にいると。勘違いが多く身につく。

東京にいると、怒りっぽい💢し、イライラする。

街全体のエネルギーが、なんだか、嫌な振動をしている。

ひと旗あげたら、田舎に住もう!と決めて35年間

働きまくった。

いまだ、ひと旗あげられない、私は。

この街にいる。


『ゆっくり小学校』の上野さんを見て、

よし、ここだーーと思いました。

ここに住みたい。ここで暮らしたい。


ここからは、どうやったら住めるのか?

東京の仕事や暮らしとの兼ね合いも考えなきゃね。


さて、明日の満月の日の動画、上野宗則さんのゆっくりな暮らしっぷり、聴いてくださいね。




閲覧数:203回0件のコメント

最新記事

すべて表示

旅の学校〜埼玉県と高崎市

『農的暮らし』を私はする事が理想です。 農的暮らしとは? お天道様と共に暮らします。 夜明けと共に起き、畑に行く。朝ごはんを食べて、 山や森を眺めてコーヒーを飲んで、読書。ゆっくり畑へ行き、お昼まで野良仕事。 黄昏の時間。 いい音楽とクラフトビール。くいっ。 ゆっくりと、季節の野菜の前菜からのその日の料理に合わせた酒と音楽を楽しむ。 風呂に入って10時に床につく。 これが農的暮らし。農業が暮らしの

コピー: ホンモノによるホンモノのためのホンモノ出汁取り

世の中には、『ホンモノ』と『なんちゃって』に分かれると思う。 今は『なんちゃって』が受ける時代。それは、なんちゃっては、ホンモノのコピーだから、安いし、軽いし、薄っぺらぺら。 でも、それが『なんちゃって』好きにはちょうど良いらしい。 私は、常に、一流を目指してきた。すまん、まだ一流ではないのだが、目指すのは一流。 だから妥協もないし、料理とて、王道はないと思っている。 何かを習うならば、ホンモノの

包丁の守り

調理道具で一番大切なものは何か?と聞かれたら、鍋フェチの私は『鍋』と言いたいところですが、 『包丁』だと思います。 切れない包丁で切ると、食材の切り口はぐちゃぐちゃになり、ドリップが出たり、食感が台無しになる。大トロをイメージしよう、イカ、河豚、どれも 極端に味落ちます。 トマトもわかりやすい。切れる包丁で切ると中の果汁は出ない、細胞が崩れない=美味しいとなる。 そ、そんなアホなぁーーーと思うなら

Kommentare


bottom of page