top of page

日本人の今


英語版のニュースに、なぜ日本人はいまだに85%がマスクをしているのか?と言う記事を読む。 そしてその人たちに聞くと、どうなっても、28%の人はマスクを外すつもりなしと。 驚いた。 政府的には3月13日から個人の意思でと緩和された。 もちろん、、花粉症の方もあるので、一概に、なんでしてんの?!なんて言えない事はわかっております。 しかし、どー見ても何も考えず、マスクしてるよねアンタの人が多い気がします。 3年余りで、日本人は、バカチンになった。 私もだ。 報道を鵜呑み、自分で考えることをやめて、他人の目を気にする人になってしまった様に感じます。 ウクライナとロシア、それもロシアは許せん。 でも、ゼレンスキーさん、他に方法はないの? とにかく、どんなことも、一旦。冷静になり、ニュートラルな状況にして、で?私はどうなの?と考えるようにしたいです。 それをしないと、ホントに今の日本では、 まっとうな判断ができないし、それすら、『普通よ』になりますよ。 いろんなことが延期、中止になった3年余。 それも、ホントにやるべきでないことと、便乗してやらないこともたくさんあった様に思う。  感染拡大を鑑み、あーー聞きあきたわ。 マスクの有効性をえらい先生の説明では納得できませんでした。 何故、外して良くなったの?も説明なし。 ライヴはできて、声出しマスクって、何それーーー 友達の顔も見ずに卒業した学生たち。 いまさら、素顔見せられないよねーーとマスクを外そうとしない学生たち。 いかんと思いませんか?  3月にマスクを全部処分し、わたし、あれから一度もしたことなし。ここからは、2度としないと思う。 意固地になってるのではなく、考えて、考えて決めたことです。

3年間も。優秀な医師や栄養学者たち、何を食べたら良いのか?のひとつも研究しないとは、お粗末過ぎません? シンガポールで新しい株のウイルスが発見されて、フィリピンではまた、マスク生活に逆戻りしたそうです。 そんな報道もない日本。 とにかく、自分で考えることをしましょう。


閲覧数:88回0件のコメント

最新記事

すべて表示

旅の学校〜埼玉県と高崎市

『農的暮らし』を私はする事が理想です。 農的暮らしとは? お天道様と共に暮らします。 夜明けと共に起き、畑に行く。朝ごはんを食べて、 山や森を眺めてコーヒーを飲んで、読書。ゆっくり畑へ行き、お昼まで野良仕事。 黄昏の時間。 いい音楽とクラフトビール。くいっ。 ゆっくりと、季節の野菜の前菜からのその日の料理に合わせた酒と音楽を楽しむ。 風呂に入って10時に床につく。 これが農的暮らし。農業が暮らしの

コピー: ホンモノによるホンモノのためのホンモノ出汁取り

世の中には、『ホンモノ』と『なんちゃって』に分かれると思う。 今は『なんちゃって』が受ける時代。それは、なんちゃっては、ホンモノのコピーだから、安いし、軽いし、薄っぺらぺら。 でも、それが『なんちゃって』好きにはちょうど良いらしい。 私は、常に、一流を目指してきた。すまん、まだ一流ではないのだが、目指すのは一流。 だから妥協もないし、料理とて、王道はないと思っている。 何かを習うならば、ホンモノの

包丁の守り

調理道具で一番大切なものは何か?と聞かれたら、鍋フェチの私は『鍋』と言いたいところですが、 『包丁』だと思います。 切れない包丁で切ると、食材の切り口はぐちゃぐちゃになり、ドリップが出たり、食感が台無しになる。大トロをイメージしよう、イカ、河豚、どれも 極端に味落ちます。 トマトもわかりやすい。切れる包丁で切ると中の果汁は出ない、細胞が崩れない=美味しいとなる。 そ、そんなアホなぁーーーと思うなら

Comentários


bottom of page