top of page

台湾の精進料理の世界


久しぶりに日本脱出。

今回は台湾のヴィーガン、精進を食べまくろうと決めていました。

日本でも『ヴィーガン』巷でよく目にする様になりましたね。

でも、私は、ハム、ソーセージ、チーズ系のヴィーガン食材は、いかがなもんかと思っています。

ホンモノに寄せたい気持ちが添加物を引っ張ってくる事に。

私は、生来の肉、乳製品嫌い。

でも、さすがに、この手のヴィーガン食品には手が出ないのです。

食べたいなら、ホンモノを食え!という感じです。


台湾は仏教や道教など、宗教的な戒律も歴史があり、実践している人も多い様に思います。

もちろん、大豆製品で『もどきフード』もなくはないけれど、日本に比べると少ないと思う。


今回3件、なるほどねーのレストランに行きました。

まるで肉っぽいアジトテイスト。

それが大豆タンパクや豆腐でもなく、ほぼ、

きのこで料理しているのに、びっくり‼️


素材、調味料やスパイスの工夫でヴィーガン料理を提供している。

肉も大豆タンパクより、かつてマクロビオティックで流行った?『セイタン』を使用。

懐かしかったーー。セイタンかぁーー。

セイタンは小麦のグルテンを使った古典的ヴィーガン食材。

久しぶりに食べて、痺れましたね。

『グルテンフリーなんすけど?』なんて言わせない

セイタンオーラが

これには、私は感動の連続でした。

今年のおせち料理講座は、コレだ!

ヴィーガンでいこう。

閲覧数:280回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ホールーフード基礎コースのススメ

私の尊敬する大先輩、『ぼっちな食卓』の著者岩村暢子さんに過去、何度となく聞かれた質問 『タカコさん、何故料理を教えてるの?』 未だに、答えていない私。 『お金が儲かる』からだけは絶対ない。 料理が好きだからとか?世の中のためになるから? 食育活動?違うんだよねー。 割烹料理店に生まれ育った私、死んでもこの仕事を継ぐのは嫌だった。 常に板場さんや中居さんと暮らし、家庭の食卓もなく、調理場の片隅で店が

旅の学校〜埼玉県と高崎市

『農的暮らし』を私はする事が理想です。 農的暮らしとは? お天道様と共に暮らします。 夜明けと共に起き、畑に行く。朝ごはんを食べて、 山や森を眺めてコーヒーを飲んで、読書。ゆっくり畑へ行き、お昼まで野良仕事。 黄昏の時間。 いい音楽とクラフトビール。くいっ。 ゆっくりと、季節の野菜の前菜からのその日の料理に合わせた酒と音楽を楽しむ。 風呂に入って10時に床につく。 これが農的暮らし。農業が暮らしの

Comments


bottom of page