top of page

台湾の精進料理の世界


久しぶりに日本脱出。

今回は台湾のヴィーガン、精進を食べまくろうと決めていました。

日本でも『ヴィーガン』巷でよく目にする様になりましたね。

でも、私は、ハム、ソーセージ、チーズ系のヴィーガン食材は、いかがなもんかと思っています。

ホンモノに寄せたい気持ちが添加物を引っ張ってくる事に。

私は、生来の肉、乳製品嫌い。

でも、さすがに、この手のヴィーガン食品には手が出ないのです。

食べたいなら、ホンモノを食え!という感じです。


台湾は仏教や道教など、宗教的な戒律も歴史があり、実践している人も多い様に思います。

もちろん、大豆製品で『もどきフード』もなくはないけれど、日本に比べると少ないと思う。


今回3件、なるほどねーのレストランに行きました。

まるで肉っぽいアジトテイスト。

それが大豆タンパクや豆腐でもなく、ほぼ、

きのこで料理しているのに、びっくり‼️


素材、調味料やスパイスの工夫でヴィーガン料理を提供している。

肉も大豆タンパクより、かつてマクロビオティックで流行った?『セイタン』を使用。

懐かしかったーー。セイタンかぁーー。

セイタンは小麦のグルテンを使った古典的ヴィーガン食材。

久しぶりに食べて、痺れましたね。

『グルテンフリーなんすけど?』なんて言わせない

セイタンオーラが

これには、私は感動の連続でした。

今年のおせち料理講座は、コレだ!

ヴィーガンでいこう。

閲覧数:276回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ベジブロスをはじめよう

『ベジブロス』誕生のヒストリーをお話しします。 1983年頃、今話題の『文春』に、ジャーナリストであり栄養学者の故・丸元淑生先生がアメリカでベストセラーになった『ビタミンバイブル』を翻訳され、その連載が掲載されていた。 その頃は、日本人はビタミンやサプリメントを飲む習性はなく、あたりまえですが、栄養は食べ物や飲み物からという考え。 丸元先生の連載ファンから、先生の本を読みあさるようになったタカコ2

五感を呼び覚ます料理家

私の夫は、イタリアンのシェフです。 料理は天才的に旨いと思う。日本のイタリアンでは、一番旨いと、ずっと思っています。 のろけあるのではなく、プロの料理人として、心から尊敬できるから、33年間も一緒に暮らしていけてのだ。 でも、やっぱり、レストランの料理。 『家では、そんなことしないわ』『その油の使い方あり?』みたいなことは日常茶飯事。 料理家『朝倉玲子さん』は、イタリアでの修行を経て、オリーブ油や

bottom of page