top of page

三河醸しツアー第1日目


今年で12回目になる発酵醸造の蔵元を訪ねるツアー。

『まるや八丁味噌』を初めて訪ねた時のこと、

ぶったまげた。

あのピラミッドのような石積みされた木桶が並ぶ凛とした空気の蔵。

発酵学問では、八丁味噌は、二夏ニ冬の長期塾生の味噌で、、、そんな基礎知識は、いくら積んでもダメだ。

蔵に行こう!

発酵醸造をこの目で見よう!

この感激を多くの人に伝えよう!

と思いつき、まるや八丁味噌の浅井社長と相談し、

浅井さんは、即答で

『いいね!』

その足で、碧南市の日東醸造へ向かう。

大先輩の浅井さんに頼まれた、蛇にならまれたカエル状態の蜷川社長は、即答で

『三河醸しツアーやります』

あれから12年が過ぎた。

訪問先は、いつもほぼ同じ。

入れ替えることができない、それは、三河の、いや日本の超一流の蔵は、変わることがなく、限られた蔵だからです。

まるや八丁味噌から始めるこのツアー。

名物は、やっぱり、蔵主の浅井社長。

『お茶の水博士』に似た風貌はあせることもなく、

商いに対する姿勢は、錆びることもない。

昨今の農水省とのGI問題にも、孤軍奮闘されている。

『どうする家康』で注目の岡崎市。

甲冑マニア?の浅井社長、今年は等身大パネルも作られた。

松潤の家康も良いけど、浅井さんは、まさに家康的な発想の持ち主。

あーーー、なんて、素敵な74歳の蔵主。



閲覧数:131回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ホールーフード基礎コースのススメ

私の尊敬する大先輩、『ぼっちな食卓』の著者岩村暢子さんに過去、何度となく聞かれた質問 『タカコさん、何故料理を教えてるの?』 未だに、答えていない私。 『お金が儲かる』からだけは絶対ない。 料理が好きだからとか?世の中のためになるから? 食育活動?違うんだよねー。 割烹料理店に生まれ育った私、死んでもこの仕事を継ぐのは嫌だった。 常に板場さんや中居さんと暮らし、家庭の食卓もなく、調理場の片隅で店が

旅の学校〜埼玉県と高崎市

『農的暮らし』を私はする事が理想です。 農的暮らしとは? お天道様と共に暮らします。 夜明けと共に起き、畑に行く。朝ごはんを食べて、 山や森を眺めてコーヒーを飲んで、読書。ゆっくり畑へ行き、お昼まで野良仕事。 黄昏の時間。 いい音楽とクラフトビール。くいっ。 ゆっくりと、季節の野菜の前菜からのその日の料理に合わせた酒と音楽を楽しむ。 風呂に入って10時に床につく。 これが農的暮らし。農業が暮らしの

コピー: ホンモノによるホンモノのためのホンモノ出汁取り

世の中には、『ホンモノ』と『なんちゃって』に分かれると思う。 今は『なんちゃって』が受ける時代。それは、なんちゃっては、ホンモノのコピーだから、安いし、軽いし、薄っぺらぺら。 でも、それが『なんちゃって』好きにはちょうど良いらしい。 私は、常に、一流を目指してきた。すまん、まだ一流ではないのだが、目指すのは一流。 だから妥協もないし、料理とて、王道はないと思っている。 何かを習うならば、ホンモノの

Commentaires


bottom of page