top of page

お櫃(ひつ)


米を食べる人が減り、農家は減反。耕作放棄地が増え、和食文化が音を立てて崩れているように感じる。 いつから? それは、電気炊飯器の保温ジャーが普及したからではないだろうか。 保温ジャーに入れているため、ごはんはいつもあったかいもの。 熱いごはんに合うメニューは、噛まないでいいもので、ワンプレート盛りが できるようなカレー、ハンバーグ。 そして、「のっけごはん」という謎のジャンルも登場。 炊き立てのごはんはメチャメチャ、美味しい。それは否定しない。 でも、私は、本当に美味しい米は、冷めても美味いのが条件。 ごはんを炊き、お櫃に移す。 お櫃は、適度に水分を保湿し、パリパリに乾燥することはない。 長時間保温したジャーのごはんは、乾燥し、時間と共に まずい、臭い、硬い。 それに合う料理は、米を味わうものが、時代と共に残っていったのだ。 「冷や飯を食わされた」という諺は、冷遇された江戸時代の家督相続にまつわる話。 冷や飯=悪いもの、まずいものという意味とは違う。 今、もうこのフレーズは死語。 最近、お櫃の問い合わせが増えてきた。 お櫃の機能より、見映え、丁寧な暮らしのシンボリックなグッズの 一つになっているように感じています。 なぜなら、お櫃も木製だけではなく、セラミック、レンチン可能な近代的なものまで登場。 冷めたごはんをお櫃ごとチンできます!がセールスポイントなんだそうだ。 ジャー搭乗前まで冷めたごはんは、よく噛む癖がついていた。 そして、冷めたごはんに合う料理こそが和食だ。 お櫃の冷めたごはんが大好きで、梅干しや佃煮など、 飲んだ後、締めには絶品。 最近では、冷やごはんの方が糖質の吸収率が低いということもわかっている。 教室には2つのお櫃がある。 これは、卒業生たちが寄贈してくれた大切なもの。 お櫃のこと、わかってるんだなあ〜〜と嬉しくなりますね。


(文:タカコ ナカムラ)


閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ベジブロスをはじめよう

『ベジブロス』誕生のヒストリーをお話しします。 1983年頃、今話題の『文春』に、ジャーナリストであり栄養学者の故・丸元淑生先生がアメリカでベストセラーになった『ビタミンバイブル』を翻訳され、その連載が掲載されていた。 その頃は、日本人はビタミンやサプリメントを飲む習性はなく、あたりまえですが、栄養は食べ物や飲み物からという考え。 丸元先生の連載ファンから、先生の本を読みあさるようになったタカコ2

五感を呼び覚ます料理家

私の夫は、イタリアンのシェフです。 料理は天才的に旨いと思う。日本のイタリアンでは、一番旨いと、ずっと思っています。 のろけあるのではなく、プロの料理人として、心から尊敬できるから、33年間も一緒に暮らしていけてのだ。 でも、やっぱり、レストランの料理。 『家では、そんなことしないわ』『その油の使い方あり?』みたいなことは日常茶飯事。 料理家『朝倉玲子さん』は、イタリアでの修行を経て、オリーブ油や

bottom of page